新生児の病気:新生児の育て方


新生児の病気

新生児と呼ぶのは出生から4週間までの子のことをいいます。先天性の異常があった場合や、分娩時で生じた問題や感染など新生児に起こる病気は様々です。抵抗力もまだついていないので、細心の注意をはらって育児をしないといけません。

まずよく見られるのが黄疸症状です。出生後に呼吸を始めるとそれまでの赤血球が壊されて、成人と同じ赤血球に変わるのですが、その時ビリルビンという黄色の色素が血液中に増えます。それで生理的黄疸が出て新生児の皮膚や白目が黄色い色に見えるのです。これは新生児の90%以上に見られる症状で生後4日くらいまで色がきつく出ていますが10日くらいで自然的に消えていきます。

私の子供も二人とも産後数日間、黄疸症状が出ていました。最初は消えなかったらどうしよう、と心配していましたが産院の婦長さんからも説明を聞き、日に日に少しずつ消えかけてきた時には安心しました。

また、母乳性黄疸と呼ばれる黄疸症状があって母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合、黄疸が2ヶ月くらい消えないことがあります。これは母乳中のホルモンの作用によりますが、自然に消えていくので少し時間はかかりますが心配は要りません。

あと、新生児のうんちですが緑色便が多いですね、抗生剤内服時などで見られるのですが、母乳やミルクを飲ませている赤ちゃんにもよく見られますね。緑便でも、水のような便や、粘り気のある便、血が混ざっている場合は注意しないといけません。緑便は消化不良の時にもよく見かけますが軽く考えずにすぐ病院へ行くほうがよいです。

また、白色便は更に注意が必要で、乳児肝炎や胆道閉鎖症のおそれもあり、腸管の感染症でロタウイルスや大腸菌が原因の場合もあるので一刻も早く診察を受けるべきです。

カテゴリー:病気と健康


新生児の病気:関連記事

乳児の事故
新米ママにとって、新生児の子育ては慣れない事の連続で大変だと思います。まだ寝ている事が多く一番注意が...

新生児の吐き癖
産まれたての赤ちゃんの胃は形がまだ完成してなくて、とっくり型で真っ直ぐの形です。ですから、母乳やミル...

歯の生え始め
赤ちゃんの歯が生え始めるのは目安として6ヶ月頃です、離乳食を始める頃ですね。生える順番としては下の前...

休日急病診療所とは
乳幼児は急に発熱したり下痢や嘔吐などいつ、何どきに急変するか分かりません。えてして真夜中や年末年始な...

股関節脱臼
股関節脱臼は、生まれつき股関節がはずれている病気と思い勝ちですが生まれた時すでに脱臼している場合は意...

子供を出産して初めてママとなる方には、「新生児の育て方をどうして良いか分からない!」と思う方も多いです。

管理人自身も、初めてのときは、「沐浴の仕方」や「オムツ替えのやり方」「子供の定期健診」など分からない事ばかりで、本当に悩みました。そんな私も、現在では、子供を2人を立派に育てる母親になっています^^

このサイトでは、そんな私の経験で痛感した、様々な子育ての注意点を書き綴っていますので、どうかあなたのご参考にして頂ければと思います♪